出産後の抜け毛

出産後の抜け毛の原因

出産後の抜け毛の原因について

 

出産後に抜け毛が異常に増えた、と感じる女性は多いです。その原因は女性ホルモンの影響が一番大きいと考えられています。その理由を解説すると、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが、妊娠、出産時に急激な増加、減少を起こすからです。

 

妊娠していないときは、エストロゲンとプロゲステロンは両方が交互に優位になる働き方をしています。ところが妊娠した直後から母体と胎児を守るために、女性ホルモンが急激に増加します。特にプロゲステロンが優位に働いているとされています。出産後は、通常の体に戻ろうとして分泌量が変化し、バランスが崩れてしまいます。エストロゲンは毛髪を発達させる働きがあるため、その影響で髪の毛が抜けると考えられています。

 

ただホルモンバランスの乱れはそれ以外にも影響を受けることがあります。出産後の慣れない育児で溜まるストレスや睡眠不足、偏食などです。ですから、対策としてはストレスを溜めない日常生活、睡眠不足の解消、バランスのとれた食事をすることがあげられます。悩みを一人で抱え込まないよう、精神的な負担を軽くする生活をすることも必要です。

 

産後3か月から6か月ぐらいに実感する人が多いですが、一時的なもので自然に解消されます。

 

自毛植毛